アパートの退去時に発生する費用とトラブル

自己所有の住宅を持っていない人や世帯であれば、賃貸住宅を借りることになります。
アパートはマンションと比較すると家賃が平均的に安いため、人気のある賃貸物件ですが、アパート探しをするのと同時に、退去する時のことを考えておきたいものです。
退去時には費用がかかります。

引っ越し業者への支払いもそうですが、退去するアパートの貸主に対しても、支払わなければならないものがあります。

それはハウスクリーニング費用です。

賃貸住宅で暮らしているうちに、大なり小なり、必ず汚れがつくものです。

今、評判なのはこちらの朝日新聞デジタルのお得情報を用意いたしました。

この汚れを清掃業者に依頼する費用として、ハウスクリーニング費用を借主が負担するケースがよくあります。

ハウスクリーニング費用については、契約時によく確認しておきましょう。

殆どの場合で、敷金からハウスクリーニング費用が差し引かれるようになっています。

敷金が不要なアパートであったなら、別にその費用を用意することになります。


しかし、このハウスクリーニング費用はトラブルのもとでもあり、本来であれば貸主側が負担するような汚れや傷などに対する費用を、借主側が負担しなければならないなどの問題が生じやすくなっています。

納得できないのであれば、契約前に相談してみましょう。



敷金に関しても同様で、敷金は本来、故意に物件の設備や備品などを壊さなければ、全額戻ってくるのが普通です。返済額があまりにも少ない時には、貸主側と話をし、応じてくれなければ裁判所に相談するのも手段としてあります。